北海道母子寡婦福祉研修大会

180729_1232~01

本日29日、10時~15時まで帯広ノースランドホテルで行われた
「第47回北海道母子寡婦福祉研修大会」に参加させていただきました。
市外からの多数の参加者や、道知事をはじめとする10名以上の来賓の方々が
いらっしゃった盛大な研修大会でした。
どうやって苦労を乗り越えられたかというお話や、経済的な負担を軽減するため
の取り組みや窓口など、具体的なお話を聞けて大変勉強になりました。
また、オホーツク太郎さんの談話と歌にも楽しませていただきました。

母子寡婦について、和喜塾を創立した10年前を思い出しました。
当時から10年間続けている和喜塾割引制度には、長く通塾を続けていただいた
感謝を込めて「継続割引」、近くの塾より和喜塾を選んでくれた感謝を込めて
「遠方割引」、他塾を経験してから和喜塾を選んでくれた感謝を込めて
「他塾割引」があります。当初もう1つの割引制度として「ひとり親割引」を作
ろうか検討しましたが、「教育は平等である」という観点から親が1人か2人か
の区別を作りませんでした。
今日も何かしらの支援をできないかと考えましたが、まだ答えは出ておりません。
ちなみに写真は帯広の「平原太鼓」の皆様による昼食休憩中の演舞です。

Comments are closed.

最近の投稿


↑友だち追加していただくと、LINEで連絡が可能です。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン